FXで勝つための最短マスター術 プロのトレードルールを教えます

実は、
あなたがFXの勉強に熱心になればなるほど・・・・・
トレード成績は下がります。

不思議ですよね。
上がるか下がるかの予想なら、2歳の子供でも当てることができるのに・・・
真剣に勉強しても一向に成績が上がらない。
どんなに努力しても腕が上がらない。

どんどん資金が減っているのに
何故まだ間違った努力にしがみついているのですか?

そのエネルギーを、ほんの少し軌道修正するだけで
トレード技術は飛躍的にアップするのですが・・・

個人トレーダーが勝つためには

下手な鉄砲数打ちゃ当たる。トレードも1回や2回くらいなら、勉強しなくても誰でも勝てます。
しかし、トレーダーの目的は資金を増やす事です。たかが1回の勝ちのために無駄玉は打てません。

あなたがFXを始めた理由は何ですか?
資金を増やすため。ですよね?
そのためには当然、専門用語やチャートの見方など最低限の知識は必要です。
その上に、情報収集やチャート分析、テクニカル分析をしたりと様々な努力や勉強をするわけです。
個人差が表れるのは、この努力、勉強などのプラスアルファの部分です。
その量、質、そして個人の性格も関わってきますが、努力して得た知識と、その使い方が勝敗を大きく左右します。


さて、トレード成績を大きく左右する努力・勉強には、どんなものがあるかざっと挙げてみます。

  1. トレードに関する専門書籍を読む

    一番オーソドックスな方法です。トレード手法からメンタルに至るまでその種類は幅広く、自分に合ったものを選ぶことができます。海外トレーダーの書籍も和訳されているものもあり、トレード手法の解説がされているものが多いですね。ただ、それを実行できるかどうか。そして求めている利益が出せるかどうかは別問題です。トレードは、知識の量に比例して上達するものではありません。
  2. 既に成功しているトレーダーから直接学ぶ

    そのトレーダーが本物で、あなたのトレードスタイル、ライフスタイルにマッチしているのであれば最高の教師と言えるでしょう。最速でマスターすることも可能です。
    問題は、どうやってそのトレーダーを見つけ、コンタクトをとるかです。幸運に見つけたとしても教えてくれるとは限りませんし、目玉が飛び出るほど高額かもしれません。

  3. セミナーに参加する

    最近では、有料・無料セミナーがたくさん開催されているようです。ブローカー主催のものもあり、その多くは無料です。有名なトレーダーの講義を聞けることもあります。ただ、地方に住んでいる人は参加することが困難で、実際に参加してみなければ良い情報かどうかは分かりません。また、個人トレーダーが開催するセミナーの中には高額なものもあり、やはり内容が自分に合っているかどうかは分かりません。
  4. アナリストや個人トレーダーの予想を使う

    考えなくていいので非常に楽ですが、その方たちが未来をピタリと当てる事ができるエスパーでない限り参考程度に利用したほうが無難です。著名な方なら安心感はあるでしょうけど、高確率で当てる事は不可能です。当たらなくても責任はありません。投資は自己責任です。
  5. インターネットを使って情報収集する

    ここ数年で個人トレーダーが激増したこと。無料で気軽にブログを開設できる事もあり、トレードに関する情報を毎日更新している人もいます。トレード手法を解説する人もおられ、数あるブログの中から自分に合ったサイトを見つけることができるかもしれません。しかし中には口座開設目的など、別の目的で開設されているサイトもあります。
  6. 特殊な?トレードソフトを導入する

    例えば、ある条件が整えばトレードを促すサインを発生したり、メールで知らせてくれたりするものがあります。ソフトの指示どおりにトレードを行うだけですので非常に楽です。ただし、ブラックボックスになっているものが多く、どんな原理・考え方でサインを発するかが分からないものも多くあります。また過去チャートに適切にカーブフィッティングしただけのものもかも知れず、今後も有効に機能するかどうかは実際に使ってみるまでわからないという不安な面もあります。
  7. オートトレード(自動売買)に任せる

    トレードタイプや過去成績を参考に、プログラムを選ぶだけですのでほったらかしで済みます。セッティングさえ済ませればいいだけです。 勝てるかどうかはあなたが選んだシステムの成績でのみ左右されます。非常に楽ですが、何もしないのに資金が減る事もあるということです。そして、もちろんトレードスキルは身に付きません。

ご覧のように、トレードで勝てるようになる努力や勉強法は様々あり、どれも長所もあれば短所もあります。その短所をリスクとして受け入れなければなりません。
そして最も大事な事、
あなたのトレード成績が上がるかどうかを考えてみてください。

やっと見つけた凄腕トレーダーが、手法を教えてくれなければ探した時間を無駄にします。
他人の予想を頼りにトレードしても、自動売買に任せてもあなたの実力は全くつきません。遠方はるばるセミナーに出向いても、そこで必勝法が手に入ることはないでしょう。

つまり、本当に勝てるトレーダーになりたいのなら、他人やソフト任せではなく、実践を積みながら実力をつけていく事がベストなのです。

ただ、そこには大きな問題があります。
それは、実力をつけるための間、多くの時間と実損に伴うお金がかかる事。
それでもFXで勝てるスキルが身につけば取り返すことも可能ですが、いつまでも自分に合った手法、有効性がある手法が身につかず全く進歩しなければ、時間を無駄にしながらお金を失うという悲惨な結末で終わってしまいます。 つまり、誰でも努力さえすれば成功できるほど甘い世界ではないということです。


でも事実、ごく一部ですが実際に成功しているトレーダーも存在します。

この天国と地獄ほどの違いはどこからくるのでしょうか?

  • 豊富な経験?

    相場に関る時間、年数は短いよりは長いほうがいいでしょう。ただしその内容によります。聖杯探しに時間を費やしていたのでは何の成果も上がりません。その行為が無駄だったという事実が、お金が尽きたころに理解できるだけでしょう。
  • 秘密のソフトや魔法のようなインジケーターを持っている?

    プロと呼ばれる人たちは、何か特別なチャートを使っていたり、未来を当てる魔法のようなインジケータを持っているのかと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。
    ウルトラあたる君やスーパーマネーキャッチャー(共に架空です)など使うことなく、シンプルなチャート構成を使う方が多く見えます。 つまり、何かに頼ったトレードをしているのではなく、自分の技術でトレードしているのです。

トレード経験を積む中で、有効なトレード手法をマスターできた者は生き残り、そうでない人は資金が底を尽き退場していきます。


では、有効なトレード手法とは、一体どんなものなのでしょうか?
まず頭に浮かぶのは「テクニカル分析」 しかし、これも万能ではない事は御承知のとおりです。
例えば移動平均線が上向きであれば、トレンドは上昇(していた)事が分かります。しかしまだ上がるかどうかは分かりません。これから下がることもあります。 よく使われるトレンドラインはどうでしょうか。トレンドラインに近づいてきた。そこで反発する保証はどこにもありません。 

ただし、テクニカルは組み合わせや使い方次第では有効に活用することはできます。
それは決して複雑である必要は全くありません。むしろシンプルな方が明確に判断できます。
「マーケットは常に公平で、何の秘密もない」この事実に気づけば、手法や攻略法探しがいかに無意味かということが分かるでしょう。

同じチャートを見ているのに、勝つ人と負ける人に分かれる。その決定的な違い。
それは単純に売買のタイミングです。

トレードは思惑通りに動けば利益となり、違えば損失になる極めて明確で単純なゲームです。
それはタイミング、言い換えれば波の乗り方が上手いか下手かが損益を左右します。

その乗り方をいかに早くマスターできるか。それこそがあなたのトレードを上達させるカギなのです。

先にも申しましたように、トレードスキルを高め、実力をつける事が勝つための唯一の近道です。

トレードの実力とは何でしょうか?


トレードの実力とは、ズバリ、トレードテクニックを指します。
一連のトレードは、
1、エントリー方向を決定し
2、エントリー
3、EXIT
大きくこのような流れになります。これらを他人やソフト任せではなく、トレーダー自らの判断で行い利益を出す技術があるかどうかです。

さらに、その技術がルール化されていれば、一貫したトレードが可能になります。
もちろんそのトレードルールがマーケットに対して有効性があるものでなければなりません。

一連のトレードをルール化するには、最低限次の項目が必要です。

  • エントリー方向の決定

    はっきりと買いか売りかを判定するルールが必要です。
    見方によってどちらにも見えるなど、曖昧さがあってはいけません。
    また、難しく考える事なく瞬時に判断できるものが好ましいです。
  • エントリー

    方向が決定しても、すぐにエントリーできるわけではありません。
    高値つかみなどを避け、できるだけ有利なポジションを持つには
    押し/戻りからエントリーする方法があります。
    ただし、早すぎればもっと深い押しがくる可能性が高く、
    遅すぎでは既にトレンドが反転してしまっているかもしれません。
    ここは非常にタイミングが大事な部分ですので特に明確なルールが求められます。
  • EXIT(手仕舞い)

    エントリーしてポジションを持てば、あとは出るだけです。
    どこでEXITするかで損益が決定しますので、エントリーと同じくタイミングが重要です。
    リミット(利益)とストップ(損失)
    2つの出口を、それぞれルール化しておく必要があります。
    近すぎるストップは小さな損失を連発しますし、遠すぎても含み損を抱える時間が長くなります。リミットが近ければ勝率は上がりますが薄利しか取れません。逆に大きく狙えば勝率は下がります。このシーソーのような相反する現象に対処している必要があります。

このように、方向決定からエントリー、EXITまで、そのタイミングを含め一貫したトレードルールが必要なのです。

その他にも、ロット数の調整、メンタル面も大事ですが、
まずはトレードテクニックを身につける必要があります。


しかし、トレードテクニックを身につけるまでには、多くの経験と失敗。それに莫大な時間と大切な資金を費やさなければなりません。

ほぼ毎日モニターに映し出されるチャートを眺め、何年もFXに取り組んでいる。
それなりに勉強もしたし、経験も積んできたはずなのに 何故か勝てない。
そして今日も知識を増やすために勉強する。

もう何十冊か分からないほどの投資本を買い、毎月FX雑誌を読み、インターネットで情報を探し、テクニカル分析もいろいろ試してみた。さらにインジケーターを組み合わせたり・・・・・

一体、いつ勝てるようになるのでしょうか?
知識は増えるかもしれませんが、やっていることは単に手法選びに過ぎず、実力がつく暇もありません。


こうすれば絶対勝てるという、魔法のような手法をいつまで探すつもりなんでしょうか?

ないものを一生懸命探す。これほど時間とお金を無駄にするものはありません。


FXで勝つには、豊富な知識よりもテクニックを身につける事が先決なのです。

既にFXで利益を出せるトレーダーは、自分の手法が確立しています。
情報集めや手法探しに明け暮れる事なく、自分の手法に集中し、さらにテクニックを磨き上げています。
あれこれと次から次に手法を変えてはいないでしょう。

ただ、彼らもそうなるまでには、おそらく同じ道を通ってきたはずです。

私も例外ではありません。98年の外為法改正から個人でも外国為替取引ができるようになり、その約3年後、商品先物取引からFXに参入しました。
当時はまだFXに関する書籍も情報も少なかった時代でしたので、尚更苦労しました。
いろいろな手法を試しては入れ替え、また探して試してみる。
約2年ほど、ほとんど利益にならない期間を過ごしました。
今思えば、一番苦しかった時期です。当時の高レバレッジも手伝って、どんどん資金が溶けていく中で
平常心なんか保てるわけがありません。焦りとマーケットに対する復讐心が沸き起こり、取り返すための攻略法を探す日々が続きました。


これだ!という答えが見つからず、いいかげん疲れ果ててきた頃、自由度を広げるためにインジケーターを全て外し、ろうそく足だけのシンプルなチャート構成にしてみました。
すると、テクニカル分析が発していた情報が消え、先入観がなくなり、見えなかったものが見えてきました。 インジケーターに頼ることなく、値動きに集中できるようになるのです。
値動きをチャートに表すと、それはジグザグを描きます。どんな時間足でも、どんなペアでもです。
ジグザグに乗れば、利益は出せる。こんな当たり前の事に気づくまで2年もかかったのです。

ただし、それだけでは有効性があるトレードはできません。
どちらにエントリーするべきか、いつEXITすればいいのか。ジグザグに乗るという1つのテーマに集中してルール化していき、
そして、試行錯誤の末、ひとつのトレードルールを完成させました。


もし、過去の自分に会えるのなら 「おい、これだよ」と渡してやることでしょう。
既に完成されたトレード手法を真似、使う事でテクニック習得までの苦しい期間を大幅に短縮できるからです。


もし、あなたが、過去の私のように苦しい期間にいるのなら。
そして、一日でも早く、そこから抜け出したいのなら

私のトレードルール、テクニックが役に立つかもしれません。


それは、今すぐ手に入れる事ができます。

FX THE-RULE- BASIC

デイトレーダーのためのトレーディングルール 基本編

当手法の原理、手法詳細、エントリーからEXITまでの基本ルール、ポジションサイジングなど。
一連のトレーディングについて解説しています。
どんな時、どこに大衆(カモ)が集まるのか
エサに飢え、欲望に満ち溢れたカモを狙うための方法とは?
FX THE-RULE- TRADING

デイトレーダーのためのトレーディングルール 実践編

約2ケ月分のチャートを使ったケーススタディ集です。 
上記BASICの手法を実際のチャートで理解でき、ドテンを採用した際の往復、3往復と
チャンスがあれば徹底的に攻める様子を視覚的に理解してください。

FX THE-RULE- SWING

ブレイクアウトを利用する中期トレーディングメソッド

完全にルール化されたトレンドフォロー戦略です。
トレンドに追従し、ダイナミックな利益と感動をあなたも体験してください!
デイトレードと異なる通貨ペア、時間軸を使いますので並行してトレードすることもでき、
さらなる相乗効果を生み出します。
FX THE-RULE- PRO

BASICで使用したテクニックを、さらに追求しています。

BASICより小さいリスク幅となることが多く、
何故ここでエントリーし、ここでEXITするのか。
その有効性を解説し、後半では2ケ月分の取引例を実際のチャートで解説しています。
次々と集まるカモに狙いを定めて、一網打尽に食い尽くす。そんなイメージのトレードを可能にします。

EXITはリミットオーダーで行いますが、
比較としてトレイリングストップでEXITした例も掲載しました。

当マニュアルのルールでは、次のようなトレードが可能になります!

これは、基本ルールBASICを使ったトレード例です。BASICではリミット(指値)注文でエントリーし、ストップ・リミットはOCO注文を置きます。置いて行かれる焦りから慌ててショートしたカモの群れが集まり、ダウントレンドが加速しています。その先に仕掛けてある私たちのロングオーダーに触れたその数分後、プライスは一気に跳ね上がりました。そして、あらかじめ設定していたリミットをヒットし、22pipsの値幅を獲得しています。
教科書どおりのトレードをした大衆のみえみえのストップは狙われ、少数派の勝ち組に食われた典型的なパターンです。





BASICでは、常に新しいエントリーサインに従うというルールから、ドテン(決済後反対方向にポジションを持つ事)となる場合があります。このチャートは、逆V字型に往復で利益を出した様子です





BASICを進化させた「PRO」でのトレードです。基本原理は似ていますが、エントリー方法が異なります。BASICはエントリーで指値を使うのに対し、こちらは条件発生で成行エントリーします。エントリーを厳選しますので、損失ストップ幅はBASICより小さくなります。また、ルールに沿ったエントリー方向にのみトレードしますので、ドテンは採用しておりません。
この例のショートエントリーを行った個所は、前回高値を上抜いていますのでブレイクアウトのロングエントリー、または押しを待ってのロングエントリー(一般的には)とされますが、-RULE-PROでは、ここでショートサインが発生しています。ブレイクアウト派はダマされ、押し目を拾ったトレーダーも、セオリーどおりに直近安値に置いたストップにヒットして損失となったことでしょう。その裏で、私たちは利益を出すことに成功しています。

あなたのその負けは、単なるダマシですか? 繰り返し負けているのならダマシではありません。
狙われているのです。





このチャートは、スイングトレードのトレード例です。
デイトレードは午前0時(夏時間)までにポジションをクローズしますが、スイングはトレイリングストップにヒットするまで利益を伸ばします。手法はブレイクアウトをベースとしています。ブレイクアウトの欠点であるダマシはマルチタイムフレームを利用したフィルターとタイトなストップで減少させつつ、大きなトレンドに乗っていきます。もちろんデイトレードと並行してトレードすることもできます。

あなたはまだ、出口が見えない迷路をさまよいますか?

既に完成されたトレードルールで時間短縮することもできるのですが・・・





今すぐ手に入れる!

このマニュアルは、チャートを見て判断してトレードを行うためのトレーディングルールです。
ルールは複雑ではありませんので容易にマスターできるはずです。
また、視覚的に判断できるようにインジケーターを使いデザインしています。

エントリーからEXITまでの作業を繰り返すことで、トレードスキルはアップし、トレードが楽しいものになることでしょう。

何かに頼る事なく、あなたの判断でトレードを続けることが可能になるのです。
それこそが、あなたにとって計り知れない価値があるものです。

  • Q1 何か特別なチャートやソフトが必要ですか?

    いいえ。特殊なインジケーターは使いませんのでほとんどのブローカーのチャートでトレード判断できます。
    携帯電話、スマートフォンでも判断可能です(1分足が見えればOKです)
  • Q2 メタトレーダー用のファイルは何ですか?

    通常のチャートで利用可能ですが、スイングに関してはメタトレーダーを使うことでより視覚的に判断が可能になります。絶対必要ではありませんが、フリーのインジケーターと設定マニュアルをセットにしています。
  • Q3 取引業者の指定はありますか?

    ありません。今御利用のブローカーでトレードできます。
    メタトレーダー用の設定も記載していますので併用してお使いいただくこともできます。
  • Q4 チャートに矢印のようなサインは現れますか?

    いいえ。矢印でトレードを促す仕組みは備えていません。 パターンを使ったルールなので、プログラムで認識させるのは難しいと思います。 図形やパターンの判断は人間の視覚のほうが早く、無理にプログラムで数値化する必要性はないと考えています。
  • Q5 通貨ペアの指定はありますか?

    デイトレードはEUR/USD。 スイングはGBP/JPYを使っています。
    EUR/USDは、流動性が高く、スプレッドが小さいからです。

    スイングは、大きな値動きを期待するものですので、私はGBP/JPYを好んで使っています
  • Q6 公開期限はありますか?

    期限は決めていませんが、サポートの都合上予告なく販売を停止、または休止する場合がございます。
  • Q7  必ず勝てますか? 勝率はどのくらいですか?

    将来の値動きを当てるものではありませんし、利益の保証も致しません。
    あくまで、私のトレードルールを情報として公開するものです。あらかじめ御了承下さい。
    勝率はデイトレ、スイング共に約60%前後です。
  • Q8 初心者でも理解できますか?

    マニュアル内で、不明な点がありましたら、メールでサポートをしております。
    購入後、1年間は何回でも受け付けています。
あなたはまだ時間とお金を無駄にしますか? それとも 味方につけますか?
あなたがステップアップするための準備が整いました!!







このマニュアルは、あなたのトレード技術を飛躍させるためだけに作成しました。

従いまして世界経済や通貨事情についての知識は、残念ながら身に付きません。

でも、あなたのトレード成績は明らかに向上するでしょう。


※商品の特性上、返品・返金はできません。
【投資に係るリスクおよび手数料について】
当商品は、著者と同じような利益が出ることを保証するものではありません。
信用取引やFXは価格変動リスクを伴い、また証拠金を上回る取引を行うことが
ありますので、場合によっては投資額を上回る損失を被る可能性があります。
信用取引やFXには取引業者の売買手数料がかかります。